テクニカル分析について



FXにおいて、過去の相場の動きを、チャートなどを用いて分析し、それを元にこれから先の相場の動きを予測するのがテクニカル分析です。テクニカル分析には、様々なテクニカル指標を用います。またそれらの多くは、組み合わせて使われます。テクニカル指標には大きく分けて、平均移動線のように相場の方向性を探るトレンド系と、RSIやMACDのように、売られすぎや買われすぎといった相場の状態を測るオシレーター系の2つに分けることができます。

hw同じ分析のルールで、どの通貨やあるいは株価なども分析できるのが、テクニカル分析のメリットです。対してファンダメンタルズ分析では、取引する通貨の国の情勢や株の場合はその対象銘柄の会社の情報を、それぞれ細かく分析する必要があります。一方でテクニカル分析の弱点は、このファンダメンタルズ分析で使われるような、個々の状況がデーターに分析に反映されないため、ファンダメンタルズ要因による為替の動きを予測できないことにあります。

ロウソク足(キャンドルスティック)

テクニカル分析の基本中の基本が、このロウソク足です。「始値」、「高値」「安値」、「終値」の4つの値を、ローソクの様な形を書くことで、その対象銘柄のレートが上場したのか、あるいは下落したのががひと目で分かります。ロウソク足には、相場転換の兆しや相場の勢いと読み取るなどの、いろいろな分析方法があります。その種類はとても多いので、全てを覚えるのは大変ですが、重要ないくつかを覚えておくことは、相場の流れやポイントを掴むことにとても有用です。ロウソク足チャートを見ていく中で、良く見かける形を中心に覚えていきましょう。

参照引用: 米ドル.net

このロウソク足は、日本で生まれたものです。しかも江戸時代にお米の先物取引の中で生まれたと言われています。そしてその日本の江戸時代生まれのロウソク足は、現在は世界中で使われている基本的なテクニカル指標の1つになっています。

トレンド

トレンドとは、そのまま相場の流れのことを言います。相場が値上がりしていて上昇傾向にあることを上昇トレンド、逆に相場が下落していて下降傾向にあることを下降トレンドといいます。この上昇トレンドと下降トレンドは、単に相場がなんとなく上昇、あるいは下降しているときには使いません。高値と安値がともに切り上がって、確実に上昇を続けている時のことを上昇トレンド、高値と安値がともにきり下がっていて、確実に下降しているのが下降トレンドです。これが一番簡単なトレンドの判断方法ですが、他に移動平均線といったトレンド系テクニカル指標と呼ばれる指標を使って、トレンドを判断する方法もあります。株式などと比較して、為替市場はトレンドができやすく、その通りに動きやすいと言われています。しががってFXでは、トレンドを掴むことはとても大切です。